08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャディの中のキャディ。 

はぁぁぁぁ・・・ (大きなため息)



パー子さん、ダメージMAXです。HPが15くらいしかないでつ。

私の一番のお気に入りの金魚が になってしまったよーーー!!

ウワァァァァァーーーン!!

せっかく1週間生きたのに・・・ぐすぐす。

もうショックで今まで喪に服してました。(ウソ)

ここまで大きくする予定だったのにぃ。(気になる人は金魚をぽちっ)

いあ、ここまでデカいとある意味引くので
気を取り直して「今」を考えたいと思います!!

と言う訳で逝ってみよう!!


    
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

前回は貴重なコメントをみなさまありがとうございました(*´∀`*)

まぁ、人それぞれいろんな考え方や感じ方があるので、
何が一番かとは言い難いところもございますが、
究極、「お客様のニーズに応えられるキャディ」が一番って事でしょうね。

今回は私の仕事っぷりをみなさまに暴露します(笑)
それに対して○か×か、みなさんに査定してもらおうかね。'`,、('∀`) '`,、

まず、キャディバッグをカートに積み、クラブ確認をして
ティインググラウンドに行きます。
お客様とクラブ確認をしながら、
クラブとパター=お客さまを結び付けます。
(この時、間違わず1発で覚えることに快感を感じる)

ドライバーやウッドのヘッドカバーは外してお渡しします。
お客様に「外しておいていいよ」と言われたら
フードがあればフードに仕舞っておきます。
カートのカゴに入れた場合、誰のものか判らなくなってしまうので。

中にはドライバーを「そのまま渡して」と言われるお客様もお見えです。
ギアを大事にされている証拠ですね。
この時も次に外して渡さないように注意します(笑)

後は進みながらセカンドオナーさん(セカンド地点の一番手前の方)に

残りピンまで〇〇ヤードです

とお伝えします。
そこでまた順次、みなさんに残りのヤードをお伝えして、
みなさんがどのクラブを持ったか確認。
この時、お客様の7番アイアンの飛距離を頭に入れる。
パー子さん、基準は7番アイアンみたいです(笑)
そうすると100Y以下はこれって判りますから
アプローチも持っていくクラブがチョイスできます。
中には、転がしで7I、8Iを使う方もお見えですので
1Hはだいたい様子見してます。

何回かついた事のあるお客様ですと、何も言わずとも
ご自身で決めていかれるので聞かれた時だけアドバイス、ですね。
付いたことのないお方ですと、1H目は一応ラインを言ったりもします。
以前、

キャディさんが何も言ってくれないから聞いたらあかんと思った

と言われた事があるので・・・

一応、ラインは読めますよ

くらいのジャブは打っといて後は聞かれたら答えるようにしてます(笑)

ヤードと風の方向だけは、ボール地点に着く前に伝えるようにしてます。
要注意なホールはヤバイとこもお伝えします。
ショートホールであれば、ねらい目とグリーンの形状もプラス・・・してますね、ハイ(笑)
時々自分がゴルフしてる気になって、私が迷ってしまうのがマズイですが

基本、お客様が仰ってからクラブをお渡ししますが、
手には2本、チョイスしてます。
この時、お客様と番手が一致すると快感♪を覚えます(笑)

トラブルショットの場合は距離の2本+必要であろうクラブを持っていきます。
転がしか上げか・・・てな具合にね。
(時々ヤマが外れて残念カートに取りに走る場合も)

初心者の方の場合、ご自身が何で打ったらよいのか判らずに
キャディさんに任せる方もお見えですが、

その場合、ほぼ7番をお渡しします(笑)

理由はみなさん練習場でも7番アイアンで練習されて慣れてる場合が多いので。
(いろんなクラブが使いたかったらもっと練習しましょう)
アプローチでAやSを使わなければ!!と思ってる初心者の方も多くて、
しかもトップやダフリで走り回ってる場合は「転がし」をお薦めする場合も。
(怪我が少ないし、パター感覚で打てるから)

初心者の方でなくても、
風が強くて番手を迷ってる場合は
お客様の球筋を判断してアドバイスする場合もあります。
フケ上がる人や低空ショットの人では番手は違いますもんネ~(笑)
あ、モチロン決め付ける言い方はしませんよ(笑)
あくまでも「・・・した方がいいかも知れないですね~」って感じです。
(だって自分も確信はない訳ですから)
アドバイスを要らない方はご自身で判断し、
ご自身でクラブをチョイスし、打っていかれます。
ヤードを聞いても確認のみとかね。
反対にアドバイスを求めるお客様もお見えですから
そこは出来得る限りお答えするようにしてます。
(それが過剰になって迷う事もたまにあります

あとはお客様同士が友人同士でなく初めての方々だと
待ち時間などに、和やかになるように
軽く話しかけたりとかもしますかねぇ~

お喋りなお客様に付いた場合はある程度お付き合いして
移動中は、さぁぁぁ~~~っとカートから離れて
お喋りにお付き合いしないようにする場合も・・・(笑)

お客様のニーズ(お喋り)も必要かもですが、
この場合、一人のお客様だけに過剰サービス・・・
とも成りかねません。
やはり、ほどほどのやりとりがベターだと思ってます。
質問に答えたりしてると仕事に集中できないし(笑)
(ってか、はっきり言ってウザイです。笑)

あとは・・・
大事なポイントは


常に笑顔。(*´∀`*)


これ大事です。

腹が立ってもニコニコ。
ウンザリしてもニコニコ。
悲しくてもニコニコ。

お客様の前で感情を出さないようにしてます。

無理にでもニコニコしてると、
そのうち「まっいっか。」って思えちゃうんですよね。
腹が立ってれば「馬鹿は放っておけ」って思えるし、
ウンザリしてれば「参ったな~」って思えるし、
悲しければ「大丈夫!!次!」って思えるし(笑)

笑顔でいればポジティブでいられます。
これ、ホント大事だと思います。

こんなトコかなぁ~

細かい部分はわかんない(忘れてる)けども、
大体はこんな感じです。



ま、いつも完璧に出来る・・・

って訳じゃないですけどね(笑)



なにせ、うっかり八ベエなパー子ですから(笑)
そこら辺は「愛嬌」ってことでお許しを~~~~(*´∀`*)



キャディノナカノキャディニワタシハナリタイ。ww


コメント

良いかも(^^)

おはようございます!
良いナァ。。。好きなタイプのキャディさんです。
(まぁ選り好みできる腕ではありませんが 笑)

おしゃべりは適当に、聞いた時には的確に、
可能ならば明るいムードでが好きです(^^)

スタート前にバックの積み方を見て、
隣と干渉しないようなら、DRのヘッドカバーははずしちゃいます。
キャディさんにはアプローチには51度と56度を使う事と、結構複数のクラブを持って行くので、
グリーンで預けるクラブが多くなるのを謝ったりしています(^^;

そうだ!パー子さんに質問。
やはり名前(苗字)で呼ばれる方が良いですか?
「○○さん」とお呼びするのも馴れ馴れしい気がして、
「キャディさん」って呼んでますが、
実は何時も結構迷っていたります(^^;

丸どころか二重丸です。
これこそキャディの中のキャディさんです。

是非、パー子さんを指名させてください!


パー子さんみたいなキャディさんばかりだと、いつも楽しく回れるのにね。

パー子さぁ~ん(゜Д゜)
私も同感です

快感を覚えるのは、パー子さんが言っている事もだけど、それに自分が思うパットラインとお客さんの考えが一致してなおかつ一打で入った時も追加します(距離が長ければ長いほどなおよし)

こんな事を書くと、このブログにコメントされるゴルファーの方々に怒られるかもしれませんが、私のモットーは「グリーン上はみな平等!」です
ショットはやはり経験などがありますが、グリーンに関しては上手い下手老若男女関係ないと私は思うんです。下手でもこちらのアドバイスなどでロングパットを一打で決めることもありますからね
ですからグリーン上でのアドバイスはみな平等です(まぁ表現には差がありますけど)

これが上手くいくと、気分はいいですね

良いと思います。

客商売か否かにかかわらず、やるべき事って言われなくてもわかっているんですよね。

問題なのは、ふとした油断とか体調とかの方でしょう。

慣れた仕事だからと油断して思いもよらないポカをしたり、モチベーションが上がらない時等知らないうちにミスっててそれにさえ気が付かない。

こういうのって人間ですから誰でもありますね。

ミスった時のフォローをどれだけ迅速に誠意をこめて大人の行動ができるかがその人の評価につながると言ってさしつかえないと私は考えます。

crowさん♪

良いですか!!よかった~~~(笑)
あ、明るさには自信ありますv-392v-218
私はあまり他のキャディさんを知らないのでよく判りませんが、
みなさんこんな感じだとは思うんですが・・・
どうなんでしょう?(笑)
でも、crowさんもお客様としては素敵なお客様ですよ~v-9
この気遣い・・・v-432です(笑)
質問のこたえですが、人それぞれでしょうけど、
私は「キャディさん」でも別に構いませんが
名前で呼ばれると嬉しいです。
スタート時の申し送りで名前を言いますので
その時に「〇〇さんですね」って覚えて頂いて
名前で呼んで下さるお客様もお見えです。
結構、嬉しいですよ^^
私もよそではキャディさんを名前で呼んでます^^

無線家さん♪

おお!!v-405
二重丸っすか~(笑)ありがとうございます^^
でもキャディさんって、みなさんこうなんじゃないのかな~~?
これって当たり前の事のように思うんですが・・・
なにせあまりキャディさん付きで回ったことがないので
よく判らないのが実情です(笑)
でも、二重丸って言ってもらえたので、
このスタンスを崩さずこれからも頑張りま~~す!!


さといもちゃん♪

ねっ!ねっ!同感だよね~~~!!(笑)

そうそう、ラインはね、快感過ぎる(爆)
ロングパットが決まった時は嬉しすぎる~~~!!(≧∇≦)
また記事にする予定なんだけど、
パットってお客さまとの相性もあるよねぇ?
それがまた面白いんだけど・・・(笑)
自分の読みとお客さまの読みが的中していいプレーが出来る・・・
これがあるからキャディ業も楽しいんだよね~
時には嫌な時もあるけど(笑)



STYLISTさん♪

合格点、もらえました?(笑)
でも私がしてることって当たり前のことですよね^^
ここまでがボーダーラインのような気がします。
それ以上がプラスアルファなので、
更なるスキルアップが出来るように頑張りたいと思います。
「このキャディさんにつくと調子が上がる」
と言って頂ければいいなと思います。
その為には努力ですね(*´∀`*)
あとは、STYLISTさんが仰ったように自分の体調が悪い時や
集中できない時のミスでお客さまにご迷惑をかけた時、
いかにそのミスを取り返すか・・・ですね。
これについてはひとつ印象深いことがあったので
またいずれ記事にしますね(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。