08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスコードの意味 

先日、仕事が終わったあとにTシャツに着替えてコンビニへ行きました。

なんだか前面に柄が大きくあるなぁ~

程度にしか思ってなかったのですが(そんなTシャツがいっぱいある)


実は前後ろ反対に着てた。
    ( ̄▽ ̄;)!!ガーン



めっさ、恥ずかしかったっす。

誰か教えてくれよーーーーー!!!(笑)

今回はそんな、知らなければ恥をかくドレスコードのお話。

ほんじゃ逝こまいか~


     
------------------------------------------------------------------------------------------------

ま、前回の記事でビーサンで来たオニイチャンの話から
ドレスコードにまで発展しましたので、
今回はドレスコードのお話をしようかと。

そもそも、ドレスコードってなんぞや?

って、思う方もいらっしゃると思うのでここで明記。

ドレスコードって日本語で言うと服装規定って事ですね。

服装規定(ふくそうきてい、英語:dress code)とは社会の中のさまざまな場所と機会、
また行事や催し物、パーティなどの場面で当然、その場面でしかるべきとされる服装のことをいう。
周囲への配慮から始まったエチケットである。
行事によっては主催者側でフォーマル、インフォーマルなどと指定されることも少なくない。
英語の表現をそのまま使ってドレスコードと表現されることもある。
こうした服装の規定は、個人の生活の中では冠婚葬祭において最も顕著に現れてくる。
レストランで短パン、ノーネクタイを禁止するのもドレスコードの一種。
クルーズ客船の中でも時間帯によって服装を選ぶ必要がある。
また国のレベルでは国家元首や王、その関係者、首相、閣僚、大使、公使、軍人など
その役職や格式により歓迎の儀礼や晩餐会などでもその都度の服装が細かく規定されている。

ウィキペディア参照。

わかりました?
つまり、その場に応じた格好をってことですね。

で、ゴルフ場のドレスコードですが、各々の倶楽部によって多少違いはあると思いますが
どこも概ね同じだと思います。

ココに様々なドレスコード規定が載ってるみたいですので、ちょっとリンク貼っておきました。
一読されますとよろしいかと思います。(赤字の部分をぽちしてみてね♪)

世の中には(ゴルフ場には)ドレスコードなるものがある

と言うことは理解して頂けましたでしょうか?
じゃあ、何故襟付きシャツじゃないとダメなのか?って話ですが。

ゴルフは元々は紳士のスポーツでした。(否、今も紳士のスポーツでしょww)
イギリスでは襟なしシャツはブルーカラー(労働者、下層階級)の人が着るものでした。
当然、紳士が着るものではありません。
だからゴルフ=紳士=襟付きシャツなのではないでしょうか。
また、ジーンズがダメ・・・っていうのも一応理由があって
今でこそジーンズはカジュアルなファッションですが、
昔はジーンズは作業服でした。
紳士のスポーツなのに作業服でゴルフなんておかしいですよね?
また、半ズボンにハイソックスって規定もありますが
何故なのかこの理由はご存知ですか?
実はこれも理由があります。

ゴルフは紳士のスポーツと先程も書きましたが会員制のカントリークラブや
ゴルフクラブという所は紳士と淑女の社交場と位置づけられます。
つまりゴルフをプレーする場合、紳士淑女は肌の露出を控える事がマナーなのであります。
知ってました?実は私もキャディ始めた頃は知らなかった(笑)
つまり、露出が多い事は公共の場では不躾で下品とする考えがある訳です。
そういう考えだと、男性の半ズボン地アンクル丈のソックスは露出が多いですよね。
しかもオッサンのスネ毛の露出は見たくない(笑)
だからハイソックスを穿いて隠すようにして下さいねという事ですな。
後はゴルフ場によっては藪の中や傾斜のキツイ箇所もありますから
そこに入った時、怪我をしないようにとの意味もあるのかな?とも思うんですが^^

最近はゴルフウエアもかなりラフになりつつあります
アメリカなんて本当にカジュアルなコースが多いですよね。
ハワイやグアムなんてゴルフ場でプレーするのにゴルフシューズ履かなくてもOKだし、
Tシャツでもプレー出来ちゃう。私の友人はタンクトップでプレーしてた(笑)
ま、それがOKなゴルフ場ならタンクトップだろうがTシャツだろうが
ジーンズだろうが好きにプレーしてくればいいんだよね。

でもここは日本です(笑)

半ズボンにハイソックスは今の時代、ちょっとどうなの?とも思えるけど
でも、イギリスの伝統的な考えを受け継ぎ、日本人なりのドレスコードを考え、
守り続けていこうとしているところが日本のゴルフ倶楽部なのではないでしょうか。

ゴルフコース(パブリック)と
ゴルフ倶楽部(メンバーシップ)は
違います。



ドレスコードなんて馬鹿げている


って思われる方もおみえでしょうが、
ドレスコードにはそれなりの理由があることも理解した方がいいですよね。

きちんとした結婚式にジーンズで行きます?
お葬式は?卒業式は?入学式は?
そんな時のドレスコードはわかっているくせに、
何故、ゴルフ場のドレスコードに納得できないのかわかんないですよね。

ゴルフ場のドレスコードに賛同できない方はコースを回る資格なし。
ゴルフレンジ(打ちっぱなし)でゴルフを楽しんでください。

それがアナタの為だから(笑)


以上、ドレスコード啓蒙の会からでした(笑)



コメント

Re:ドレスコードの意味

過去に競技で某名門倶楽部に行った事がありましてね

8月の暑い盛りだったのでハーフパンツの方がホント多かったんです

でもその殆どはショートソックス

倶楽部関係者の注意が入り、プロショップでハイソックス買わされてました(笑)

ショートソックスが当たり前のように履いてるし、OKとしてる倶楽部もあるから麻痺してる部分だったのかもしれませんね~

もちろんキャップ未着用の方もプロショップでお買い上げしてました~(爆)

でもそれだけ徹底的にやるべきだし、やらないとその倶楽部の品格が落ちますよ



あと思うのだが、シャツの裾を出してる輩はどうも見苦しい・・・

あれはファッションじゃないぞ!

店主どの♪

倶楽部には倶楽部の『品格』ってのがありますからね~
毅然とした態度で行うのは良いことです。
それでお客様が来なくなって収益が上がらないとボヤくなら、
そこまでの倶楽部なんですよ。
あ、ちなみにうちは半パブなんで、ハーフパンツにスニーカーソックスは
全然OKっす(笑)

男性はシャツはINにして欲しいですねぇ~
どこかの記事で読みましたがシャツをインにして、
ベルトでおしゃれ感を出すのが粋だって書いてありました。
私も同感ですよ~やはり、シャツはインです(男性のみww)

ドレスコードを守らないと、紹介したメンバーも恥をかくことになります

ドレスコードを守ることはとても大事です。ゲストを紹介したメンバーはきちんとドレスコードを伝える事は勿論、ゲストもドレスコードを守らないと紹介したメンバーに恥をかかせることになることに気づいて欲しい。

さらに言うと、シャツの襟を立てるのはどうも感心しません。襟(ネ)を立てるのを禁ずると書いてありますから。

カンペオンさん♪

ドレスコードって必ず意味があって存在するものですから
それを否定するってことはそこへの出入りも否定ですよね。
確かに、自分の恥は紹介者様の恥にもなりますよね。
その辺りをしっかりと踏まえ、恥じない服装、行動を取ってほしいですね。
要は品格ですね(´∀`*)

ドレスコード?

今時のゴルフ場にどのような格式があるのでしょう?
ビジターでも予約サイト使って気軽にセルフプレーできたり、ゴルフ場はアメリカンスタイルを取り入れているにも関わらずドレスコードだけは英国風のまま。
ゴルフ場にも格があります。メンバーだけで一見さんお断りなら何も言うことはありませんね。倶楽部のみんなで決めれば良いことです。
しかしビジターだけでの予約、セルフプレーを容認しているならアメリカンスタイルでOKでしょ。
貴女はどこのレストランに行くときいつもフォーマル何ですか(笑)
渋谷の松濤あたりのフランス料理のレストランではフォーマルじゃないと入れませんね。だったら🎌日本全国どこのレストランに行っても同じフォーマルで食事しているのですね?
偉そうな事言うなら実際にイギリスのゴルフ場にでも足を運んで勉強してきた方が良いですよ。

おやじさん

コメントありがとうございます。

私は決して偉そうな事を言ってるつもりはありません。
そのゴルフ場にはそのゴルフ場の、ドレスコードがあると言っているだけです。
もちろん、ドレスコードの規定のないゴルフ場があるのであれば
それはジーパンにタンクトップでもいいんじゃないですか?
私はそう思ってますけど?
私はレストランに行く時、格式高いレストランには行きません。
ドレスコードのない、カジュアルOKなチープなレストランで済ませます。
でもレストランにドレスコードがあればそれに従いますよ。当たり前ですよね。

確かに、今時のゴルフ場にどんな格式があるのだと言われれば、
格式などないに等しいゴルフ場ももちろん存在するでしょう。
当ゴルフ場もセルフOK、ビジターOKの半パブみたいなものです。
貴方からしたらどんな格式が?と思うことでしょう。
確かに今時このドレスコードは・・・ってのもあります。
今の時代、気候、ニーズにあったドレスコードを謳ってくれれば
それに越したことはないと思います。

でもそこに古臭いドレスコードがある限り、それに従うのが正しいのではないのでしょうか。
例えそれが今の時代、今のゴルフ場にそぐわなくても、です。
不満があるのなら、そのようにゴルフ場に訴えればよいのではないですか?
訴えても変わらないと言うのであれば、そこは従うべきなのではないでしょうか。
ゴルフをする為にそのゴルフ場をお借りするのですから。
それが嫌ならカジュアルOKのパブリックコースへ行くべきです。

ゴミはゴミ箱に入れるものですが、「ちょっとだけならいいや」と
ポイ捨てする人がたくさんいたらそこはゴミだらけになりますよね。
そんな風に、守らない人がたくさんいるからゴルフ場のレベルも
格式も下がっていく要因のひとつではないかと思っています。
もちろん、それだけが全てじゃないですけど。

何故ドレスコードが存在するのかも知って欲しくて記事にしました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。